DCC一般社団法人エゾシカ協会シカ捕獲認証

シカ捕獲認証(Deer Culling Certificate: DCC)は
林産資源としてのシカを管理できるスキルをもった方達を応援します

DCC1の概要

講習・検定

シカ捕獲に必要な知識と基本的な技能に関する5日間の室内講義(酪農学園大学)および1日の実習(西興部村猟区)を実施します。

講習内容の習熟度や適正を審査するために以下の4つの検定試験を実施します(半日程度)。

1)シカの生態・管理・ 捕獲等の知識に関する筆記試験

2)食肉衛生・病気等の知識に関する筆記試験

3)安全な銃器の取り扱い に関する実技試験

4)シカの識別に関する試験

各試験の合格基準を全て満たすことで認証資格を取得することができます。


受講対象者

受講時に満18歳以上で、この制度に賛同する方。狩猟免許の有無は問いません。

 (鳥獣行政・林野行政職員、農業協同組合・森林組合職員、野生動物管理を学ぶ学生、シカ捕獲に携わる方、シカ肉処理に関わる方、野生動物管理に携わる方等を想定しています。)

※本制度の目的や趣旨に反する方は受講をお断りする場合があります。

 また、認証後にこれに該当し た場合は、認証を取り消すことがあります。


受講料

120,000円(2015〜2017年度は三井物産環境基金の助成により60,000円)

※受講・検定料が含まれます。別途テキスト、問題集代、旅費等が必要です。


更新

DCC1の有効期限は発行日から3年間です。ただしスキルの質を持続させるための以下の手続き(郵送またはメール)により無料(予定)で更新できます。

  • 学びなおしテストの受検
  • 活動報告