DCC一般社団法人エゾシカ協会シカ捕獲認証

シカ捕獲認証(Deer Culling Certificate: DCC)は
林産資源としてのシカを管理できるスキルをもった方達を応援します

必要な手続と経費

射撃場および野外で実銃を使いますので、シカの捕獲に使用可能な銃を所持している必要があります。また、捕獲を実施するための緒手続き(狩猟者登録、入林許可等)は各自で行ってください。


申込の際、申込料(2万円)がかかります。申込料にはDCC2登録料およびDCC委員会による合否審査料が含まれます。別途、技能確認の際にFRの現地審査料(2万円/日)が発生します。その他、射撃場使用料や旅費等は別途各自ご負担ください。

初回は、西興部村猟区で射撃実習および捕獲・解体実技を行っていただきます(解体は、捕獲できた場合のみ)。西興部村猟区への入猟手続きは各自で行ってください。その際、入猟承認料がかかります(通常の入猟でかかるガイド料は不要です)。2回目以降は西興部以外でも可能ですが、FRの派遣にかかる費用をご負担いただきます。実施できない場所もありますので、ご希望の方はまずご相談ください。

想定される必要経費は下記のようになります。

初回(西興部村猟区)の例;

  申込料 (2万円)
  + 現地審査料 (2万円/日)
 + 入猟承認料 (3万円/2日)
 + 射撃場使用料 (5千円/2時間)
 + 解体場使用料 (3千円/頭)
 + 旅費(本人分)  

*申込料は2018年9月までに申し込んだ場合の金額です。以降については、変更する可能性があります。

*2018年9月以降は、FRの旅費負担も別途発生する場合があります。

*西興部猟区の入猟可能期間は通常9月15日から4月15日です。日程はこの間で西興部村猟区と相談の上決めていただきます。同猟区への入猟には北海道の狩猟者登録も必要です。