DCC一般社団法人エゾシカ協会シカ捕獲認証

シカ捕獲認証(Deer Culling Certificate: DCC)は
林産資源としてのシカを管理できるスキルをもった方達を応援します

DCCネットワーク研修会

第2回DCCネットワーク研修会:特別講座「シカ捕獲のための射撃技術のキソ」を開催しました!(2016年6月18日)

サイト調整の仕方や安定した射撃の方法などについて、DCC1コースの講師も務められている沖慶一郎さん(沖銃砲火薬店)と伊吾田宏正さん(酪農学園大学)に射撃場で実際銃を扱いながら、教えていただきました。銃を入手したての超初心者の方、ライフルを所持したての方、ライフルを所持してウン十年の方、いろいろなレベルの方にご参加いただきました。

第2回DCCネットワーク研修会

まずは室内講義。基本となる考え方や覚えるべき技術について、射手のレベルに合わせて説明がありました。DCC1の学び直しにもなりつつ、より実践に向けた内容でした。

第2回DCCネットワーク研修会

ショットガンの方々は、まずモデルガンで銃の取り扱いを確認。

第2回DCCネットワーク研修会

膝射、伏射、立射、座射、各自希望のスタイルで実射をし、沖さんのアドバイスを受けます。いろいろなタイプの依託用スティックも用意して、安定性を実感。スティックを使用しない場合と比べて集弾の良さを再認識している方も。

第2回DCCネットワーク研修会


自分の銃を初めて撃つ方には、基本的な撃ち方をじっくり指導。

第2回DCCネットワーク研修会

実射後の振り返りでは、フィールドでも立木を使うなど、安定した射撃姿勢をとることの重要性が改めて強調されました。沖さんをはじめとする帯広国際ライフル射撃場のみなさま、ご協力ありがとうございました!

(文:松浦、写真:東谷・松浦)