一般社団法人エゾシカ協会

エゾシカ協会入会のご案内


 北海道では急増した野生のエゾシカたちが天然林・牧草地・畑に食害をもたらし、自動車・列車とひんぱんに衝突事故を起こすなど、人々の生活との間で深刻な摩擦を生んでいます。エゾシカ保護管理政策に基づく個体数調整にも多大な労力が費やされており、エゾシカは北海道の「マイナス資源」と見られがちです。

もっと知ってね!エゾシカ しかし視点を変えると、野生のエゾシカたちは自然観察や狩猟といった「エコツアー」の対象として魅力にあふれ(教育・観光資源)、またその肉は健康的な高級食材としても人気が高く(食品資源)、皮革や角は加工品原材料としての価値を認められています(加工資源)。

 当協会は、マイナス資源と思われがちなエゾシカを「北海道ならではのプラス資源」に転じ、エゾシカを北海道の魅力的な天然資源として持続的に活用することを目指しています。当協会は、エゾシカ保護管理政策に基づく個体数調整に寄与し、同時に北海道に根ざした「エゾシカ・ビジネス」を推進することにより、北海道の環境保全と経済活性化を図っていきます。

 畜肉(牛・豚等)と異なり、エゾシカ肉にはこれまで衛生処理の決まったシステムがないことが活用していく上で課題でしたが、北海道は平成18年10月を目標に一定の基準作りに着手しており、安全・安心なエゾシカ肉の流通がいっそう本格化するでしょう。阿寒・根室では、生け捕りにした野生ジカを一時的に肥育してから高品質のエゾシカ肉を出荷する「一時養鹿」事業が始まりました。野生エゾシカを対象にしたエコツアー企画の立案や、角・皮革活用の検討作業も進んでいます。

エゾシカ協会は、行政、研究機関、民間企業の間を取り持つパイプ役として、より活発に活動していきたいと考えています。この機会にぜひ当協会にご加入いただき、「マイナス資源」としてのエゾシカを「北海道ならではのプラス資源」にする当協会の活動にご支援をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


正会員

協会の事業に賛同して入会した個人又は団体で総会における協会運営事項の議決権があります。会員申し込み後に会長承認を受ける必要があります。年会費は1口10,000円です。団体の方には2口以上お願いしています。

賛助会員

協会の事業に賛同して入会した個人又は団体。議決権はございません。賛助会員の年会費は1口5,000円です。団体の方には2口以上お願いしています。


正会員・賛助会員には、協会ニュースレターを年に2回郵送します。メール登録していただければ、メールニュースを随時配信しています。また協会ホームページの会員専用コーナーで過去のニュースレターを読むことが可能です。


入会申し込み用紙ダウンロード

入会申し込み書(PDF)

入会申し込み書(doc)


入会お申し込み・お問い合わせは

一般社団法人エゾシカ協会事務局
〒064-0803 札幌市中央区南3条西21丁目1-6

電話/FAX 011-611-8861

E-mail

※法人会員の場合は、代表者・連絡担当者の記名をお願いいたします。

※会費納入のお知らせはお申し込み後、郵便・FAX・Eメールのいずれかで送らせていただきます。