一般社団法人エゾシカ協会

2007年度事業報告


1.調査事業等

(1)平成19年度エゾシカ肉供給体制基礎調査業務(北海道環境生活部)

委託期間:平成19年5月15日~平成20年3月25日

委託内容:衛生処理実態調査、衛生講習会試行、独自規格モデル作成とモニタリング、生体運搬技術の調査・検討

(2)エゾシカによる植生に対する影響等調査委託業務(北海道環境科学研究センター)

委託期間:平成19年8月21日~11月30日

委託内容:日高支庁管内において調査地を設定し、エゾシカによる森林植生への影響及び生息密度指数となる植生指数に関する調査を行い、適切な評価方法や調査量を検討した。

(3)「エゾシカ肉の品質評価と加工技術の開発」共同研究:北海道立食品加工研究センター

品質評価及び加工特性を検討し、有効利用技術の開発を行う。(平成19年8月3日~平成20年3月31日)

(4)エゾシカ肉の推奨開始

9月末に4処理場のエゾシカ肉を推奨した。推奨マークは、3月21日に商標登録された。

2.委員会等

(1)平成19年度エゾシカ有効活用検討委員会(北海道環境生活部)

委員:事務局長 井田宏之 開催日:8月30日、2月5日

検討内容は道庁HPに掲載

(2)シカ資源活用先進地会議(北海道共催)

平成20年3月14日(金)かでる2・7 1050会議室 9:30~12:00

 鹿の保護管理に関する課題、都道府県が連携して取り組むべき事項について検討した。参加機関:岩手県、兵庫県、滋賀県、静岡県、奥多摩町、信州大学、東京農業大学、岐阜大学、酪農学園大学、兵庫県森林動物研究センター、NPO法人西興部村猟区管理協会、北海道及び研究機関

(3)エゾシカ肉等流通促進研究会議(北海道経済部商工局産業振興課)

会議メンバー:事務局長 井田宏之 開催日:7月23日、9月5日、3月7日 エゾシカ料理祭りin札幌 11月1日~21日 飲食店16店参加

(4)エゾシカ有効活用推進連絡対策協議会(事務局)

6月4日設立準備会、7月10日設立会議以降7回開催

3.フォーラム・イベント・情報発信

(1)2008エゾシカフォーラム(北海道主催:協力)

平成20年3月13日(木)かでる2・7大ホール 講演・展示 エゾシカ料理の夕べ(共催)京王プラザホテル札幌

(2)第7回野生生物と交通研究発表会(共催:(社)北海道開発技術センター)

2月22日 内容はこちら

(3)エゾシカ肉を楽しみ;味わう会(後援11月7日、ホテル札幌ガーデンパレス)

(4)ニュースレター発行(10月20日No.23、3月20日No.24)、HP随時更新

4.講演

(1)エゾシカセミナー

主催:富良野広域圏通年雇用促進協議会、2月29日、ふらのワインハウス エゾシカ分布その現状と活用事例(井田)、エゾシカ肉調理法(上條会員)

(2)近自然十勝セミナー

主催:北海道スローフードフレンズ帯広、10月13日、帯広畜産大学) エゾシカの現状と有効活用(井田)

5.マスコミ取材協力

(1)雑誌等  座談会「北海道観光の未来像を探る」(フロンティア08冬号)、森とエゾシカと人の共生(農家の友9月号)、エゾシカ肉紹介(読売新聞家庭版・ヨミー)、ポータルサイト「エキサイト健康」エゾシカ肉

(2)新聞  11.25道新日曜Navi エゾシカ肉普及拡大、11.28読売新聞 エゾシカ料理を食べよう、3.26道新ポラリス エゾシカを食べる

(3)テレビ(取材協力)・ラジオ  信越放送(5.23エゾシカ有効活用)、FM札幌村出演(11.5料理祭りPR)STV(11.18ビーアンビシャス曽我部理事)、NHKラジオ(2.10エゾシカ料理)、NHK(3.9 エゾシカ全般・阿寒町)