一般社団法人エゾシカ協会

伊藤英人の狩猟本の世界


伊藤英人「狩猟本の世界」

ブックリスト

ジャンル別

時代別

49.『アンゴラ兎の飼い方と利用法』月野誠道著、泰文館、1957年

アンゴラウサギは、おもに毛をとるための家畜。毛は保温がよく衣類になる。毛以外にも、肉は食用、糞は肥料に無駄なく利用される。軍需で小学校に広まった毛皮用ウサギ飼育は、今も続くものの、すっかりペット感覚になっている。「家畜」がいつから「ペット」に変わったのか、学校の記録をたどればわかるかもしれない。

49.『アンゴラ兎の飼い方と利用法』月野誠道著、泰文館、1957年

前へ 次へ