一般社団法人エゾシカ協会

伊藤英人の狩猟本の世界


伊藤英人「狩猟本の世界」

ブックリスト

ジャンル別

時代別

90.『狩猟 基本と実猟』北晴夫著、池田書店、1970年

90.『狩猟 基本と実猟』北晴夫著、池田書店、1970年スナイパーによる、狩猟の一般向けの実用書。初心者への説明がていねい。銃の免許、使い方、犬のトレーニングなどの基礎が半分を占める。続いて、おもに鳥について、経験にまかせて、種ごとの飛行グセや「7時半ごろ餌場に出てくる」などの行動特性をスナイパー目線で表現する。大型獣のライフル猟は、「相当のベテランにならないと無理」として最後に少しふれる程度。ワナは出てこない。

「動くものへの射撃本能にかられてとった」リスに「あまりにも可憐な姿なので意識して撃つものではない」と思うなど、正直な書きっぷりに好感がもてる。

今では狩猟の実用書は皆無だが、当時は「ゴルフ」「庭木」「将棋」などがあるイケダ・ブックスブックスシリーズに本書が組み入れられていた。

前へ 次へ