一般社団法人エゾシカ協会

伊藤英人の狩猟本の世界


伊藤英人「狩猟本の世界」

ブックリスト

ジャンル別

時代別

135.『盛岡藩御狩り日記』遠藤公男著、講談社、1994年

134.『ワナのしくみと仕掛け方』別冊現代農業、農文協、2014年鷹狩りが中心。藩の古文書から鷹狩り文化、ひいては当時の自然環境を探る試み。

タカは盛岡藩の「特産物」で、幕府のお偉方がくると、ゴルフ接待のように鷹狩りを催していたそうである。

タカ増殖のために、農民をかりだして強引な繁殖管理をしていた。巣管理者に対する罰則がかなり厳しいので、「エコ」という印象には程遠い。結果的に生息地管理がされているものの、現代の参考にはならない。

北海道のワシは「ブランドもの」で、人気があり高値であった。

前へ 次へ