一般社団法人エゾシカ協会

伊藤英人の狩猟本の世界


伊藤英人「狩猟本の世界」

ブックリスト

ジャンル別

時代別

141.『北方動物記』更科源蔵著、北海道出版企画センター、1976年


141.『北方動物記』更科源蔵著、北海道出版企画センター、1976年 1946年刊行の同名の北海道動物エッセイの復刻。開拓者の、家畜や野生動物とのかかわりがおもしろい。構成は4.『わが動物記』に似ていて、字が大きめの、10ページ弱のコラム集なのでかなり読みやすい。

「鹿の行方」は8ページしかないが、開拓時のシカの多さ、シカ猟の人気ぶり、食害と対策、激減と保護など、今に通じる重要なテーマが記述されている。

「兎罠」には、狩猟法制定に対する怒りが率直に書かれている。「百姓よりも(畑を荒らす)兎が大事なのか、いや百姓は兎に食い殺されてもいいのか」という声が全道にあったのでは、と推測している。

前へ 次へ