一般社団法人エゾシカ協会

伊藤英人の狩猟本の世界


伊藤英人「狩猟本の世界」

ブックリスト

ジャンル別

時代別

156.『北蝦夷図説』間宮林宗著、名著刊行会、1979年

156.『北蝦夷図説』間宮林宗著、名著刊行会、1979年サハリンを歩いた間宮林蔵の著。原書の刊行は1855(安政2)年以降。

1〜4巻を原文のまま収録。原文でない本は挿し絵が浮世絵師の作で評判がよくない。オロッコ夷(ウィルタ)、スメレンクル夷(ニブフ)などの少数民族の記述がある。字が難読で、カタカナ地名もわからないため苦戦を強いられる。

トナカイがよく出てくる。カワウソとキツネのくくりワナの絵がある。交易では小型獣の毛皮を提供してきたようである。

衣食住では毛皮のほかに、鮭皮と樹皮を使用。

前へ 次へ