シカ捕獲認証(DCC)事務局ニュース

[2022.04.01] 2022年度DCCシカ捕獲認証レベル1受講者募集について

2022年度DCCシカ捕獲認証制度の開催日程が決まりましたのでお知らせいたします。

第1回*申し込み期限:5月28日(金)
 座学(江別市:酪農学園大学): 6月11日(土)~15日(水)
 実習・検定(西興部村:猟区管理協会):6月18日(土)~19日(日)

第2回 *申し込み期限:6月21日(金)
座学(江別市:酪農学園大学): 7月4日(月)~8日(金)
実習・検定(西興部村:猟区管理協会):7月13日(水)~14日(木)

受講申込用紙(申し込み方法)pdfimage 同意書docimage

感染防止対策を徹底し、対面式で行うこととしていますが、感染拡大状況によっては、座学をリモートし、実習と試験は感染が縮小するまで延期するなど変更となる場合があります。


[2021.06.10] 今年の座学はオンラインで行います

DCCは対面型の講義を基本にしています。これは、ただ聞くだけの一方通行の講義ではなく、講師と受講者が直接コミュニケーションを取りながら講義を進めていくことにより、理解が深まると考えていること、さらに、頭蓋骨や食痕、糞や寄生虫などの標本を用い、実物を見ること、触れることが、学びには重要だと考えているからです。またDCCの講義には座学だけではなく、屋外で行う安全管理実習や解体実習も含まれています。安全管理実習ではモデルガンを用いながら、森林内でシカを捕獲する際の注意点を学び、解体実習では内臓摘出を間近に見て、肉になるまでの衛生管理を学びます。このように、DCCでは現場の感覚や体験を重視した講義を提供しています。

しかし、今年度は室内講義をオンラインで配信することにしました。昨年(2020年)度はCOVID-19の影響により、DCC1コースの開催を断念しました。今年も状況は改善せず、対面型での実施は困難ですが、2年連続の中止は避けたいとの思いです。オンライン講義ではありますが、なるべく講師と受講者がコミュニケーションをとれるように、リアルタイムで配信いたします。実習については、安全な実施が可能と判断された場合に、試験と合わせて西興部村にて実施します(室内講義と実習を終えることにより、受検資格が得られます)。covid-19の感染状況によっては、実習及び試験が延期される可能性もありますが、年度内に終える予定です。

先が見えない状況が続きますが、質の高い講義を提供できるよう努力して参りますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。なお、対面型の講義が可能になり次第、従来通りの講義を行います。